バルトレックスはヘルペスや帯状疱疹などの再発と感染を防ぐ効果や予防する効果があります。
ヘルペスや帯状疱疹で悩んでいる人は知っている人が多いのではないでしょうか。バルトレックスを服用する時には副作用の事も知っておかないといけません。

バルトレックスの副作用には肝臓の異常が多いです。なぜかと言うと、バルトレックスにはバラシクロビルという成分が含まれているからです。
バラシクロビルによって肝臓ですぐに代謝される事で肝臓に異常が起こります。
肝臓の異常が疑われる症状は、顔や体の皮膚が黄色っぽくなったりふくらはぎがだるくなったりします。その他の症状では食欲不振や発熱、かゆみなどです。

バルトレックスを服用する事によって、肝臓検査の数値が基準より高くなる場合があります。
ですが、肝臓の機能が元々弱かったとしても、さらに悪化する事はないと言われているので心配ありません。

ごく稀に、重大な副作用の症状が出る事があります。
例えば、アナフィラキシーショックや血小板減少性紫斑病、呼吸抑制などです。1番危険なのはアナフィラキシーショックです。

バルトレックスだけではなく、医薬品を服用した時はアナフィラキシー反応という過敏反応を起こす場合があります。
ですので、蕁麻疹や吐き気、息苦しさなどの症状が現れた場合は注意しましょう。
それだけではなく血圧が急に下がったり意識が薄れたりなどのショック症状が現れる場合がアナフィラキシーショックです。
これになると、最悪の場合死に至ります。命に関わる危険な症状なので、すぐ病院に行かないといけません。

ごく稀に頭痛やめまい、排尿困難などになる場合もありますが、危険な症状ではありません。
あまりにも症状がひどい場合は、医師に服用を続けても問題ないか相談すると良いでしょう。

性器ヘルペスの再発を防ぐ為に長期間服用する人もいるでしょう。
長期間服用を続けていると副作用が出る可能性が高くなるのではないかと不安に思う人もいるのではないでしょうか。
バルトレックスは長期間服用しても特別な副作用はないので心配ありません。
しかし、量を守って服用しないと副作用が出やすくなる場合があるので気を付けましょう。

バルトレックスの入手方法

バルトレックスを買おうと思って薬局やドラッグストアに行ったけど置いてなかったという経験をした事はないでしょうか。
バルトレックスは薬局やドラッグストアでは販売されていません。

もし、他のお店でバルトレックスが販売されていたとしても絶対購入してはいけません。
なぜかと言うと、そのお店が無許可で販売していた場合、その薬は偽物である可能性があるからです。
本物だったとしても、違法なお店で薬を買ってしまうと違法取引に加担している事になります。そうならない為にも安全な方法で手に入れましょう。

バルトレックスを手に入れたいなら、病院で診察を受けて処方箋を書いてもらう必要があります。
しかし、忙しくてなかなか病院に行けないという人や薬代以外のお金は払いたくないという人もいるでしょう。
バルトレックスを手に入れる方法はもう1つあるので心配ありません。

その方法は、個人輸入代行の通販サイトを利用する方法です。
個人輸入は、海外で販売されている医薬品などを個人が日本に輸入する事です。違法ではないので心配ありません。
しかし、個人輸入は簡単に出来る事ではありません。ある程度の知識が必要ですし、手続きがとても大変です。

しかし、個人輸入代行の通販サイトを利用すれば簡単にバルトレックスを手に入れられます。
必要な手続きを全部代わりにしてくれるので、注文をして後は任せておけば良いだけです。
利用するメリットは他にもあります。処方箋が必要ないので、病院まで行く交通費や診察代などが節約出来ます。
それに、病院に行く為に学校や仕事を休む必要もなくなります。

バルトレックスは自分に合った方法で購入しましょう。
正しい服用方法を守って、ヘルペスや帯状疱疹などの再発や感染を防いでしっかり予防しましょう。